• 当サイトから特別なご案内
  • レンタルサーバー契約前なら、独自ドメインが無料で貰える!
  • 大塚商会様(ドメイン取得・更新費が無料になります。.co.jpも対象です。法人・個人事業主限定
  • エックスサーバー様(期間限定でドメインが1つ無料でもらえます。.com/.net/.org/.biz/.info 他3つ)

レンタルサーバー - VPS(仮想専用サーバー)

人気VPS(仮想専用サーバー)の比較

人気 No.1さくらのVPS

さくらインターネット株式会社
さくらのVPS
  • カスタムOS(CentOS、Ubuntu、FreeBSD、Debian、Fedora、Scientific Linux)に対応。
  • 好きなOSイメージをアップロードしてインストール可能!
  • ローカルスイッチ(台数無制限で複数台構成可能)が無料で使えるようになりました。
  • 自由度を重視するなら「さくらのVPS」が一番です。
  • 2週間の無料お試しあり。(期間中は転送速度&25番ポートに制限)
プラン名初期費用月額メモリディスクCPU
5121,000円635円512MBSSD:20GB仮想1コア
1G1,500円900円1GBSSD:30GB
HDD:100GB
仮想2コア
オススメ2G2,000円1,580円2GBSSD:50GB
HDD:200GB
仮想3コア
4G4,000円3,600円4GBSSD:100GB
HDD:400GB
仮想4コア
8G8,000円7,200円8GBSSD:200GB
HDD:800GB
仮想6コア
16G16,000円14,400円16GBSSD:400GB
HDD:1.6TB
仮想8コア
32G32,000円28,000円32GBSSD:800GB仮想10コア

※ 税抜き価格です。

※ ディスクは SSD または HDD。

【管理人より】

さくらのVPSは、好きなOSをアップロードしてインストール出来るのが素晴らしい。古いCentOS 4.8が動いたので移管作業ですごく助かりました。さくらのVPSは、物理サーバーにOSをインストールしてる感じで作業が出来るので、自分の思い通りに出来るのは高評価。
MySQLなどのデータベースを使うならメモリ2GBは欲しいところです。

GMOクラウドのVPS

GMOクラウド株式会社
GMOクラウドのVPS
  • 1GBプランが誕生で、VPSが月額780円から利用可能。
  • パッケージ構築により、初心者でも簡単にサイト運営出来ます。
  • 物理サーバーの障害時に自動フェイルオーバーされ、ダウンタイムを最小限に。
  • 年間契約すると驚くほど安くなります。
  • アダルトサイト可(法令又は公序良俗に反する内容はNG)
  • 15日間の無料お試しあり。
プラン名初期費用月額メモリディスクCPU
1GB4,000円780円1GB50GB仮想2コア
オススメ2GB4,000円1,280円2GB100GB仮想3コア
4GB4,000円2,380円4GB200GB仮想4コア
6GB4,000円4,580円6GB400GB仮想5コア
8GB4,000円6,580円8GB600GB仮想6コア
12GB4,000円10,480円12GB800GB仮想7コア

※ 税抜き価格です。

ServersMan@VPS

株式会社ドリーム・トレイン・インターネット
ServersMan@VPS
  • 月額467円からVPSで運用できるのでコストパフォーンスは最強。
  • 2GBプランでも934円と格安です。
  • ServersMan@VPSは、VPSが初めての方でも使えるように、OSがテンプレート化されています。ブログを使いたければ、ブログセット CentOS 6.3のOSをインストールすれば、簡単にWordPressが使えます。画期的な仕組みですね。
  • 1カ月無料の無料お試しあり。
プラン名初期費用月額メモリディスクCPU
エントリー無料467円1GB50GB-
スタンダード無料934円2GB100GB-
プロ無料1,886円4GB200GB-

※ 税抜き価格です。

レンタルサーバー - VPS(仮想専用サーバー)