• 当サイトから特別なご案内
  • レンタルサーバー契約前なら、ドメインが無料で貰える!
  • 大塚商会様(ドメイン取得・更新費が無料で、電話サポート付き。法人・個人事業主限定。
  • エックスサーバー様(ドメイン取得・更新費が無料。搭載メモリ増強中!(96GB → 192GB))
1.ドメイン名を決める
ドメインにはいくつかの種類があります。
運用する目的に合わせてドメイン名を決めます。
ドメインは、自分以外に人も覚えやすいのがいいでしょう。

ドメインの種類によっては、取得できる条件がある場合があります。
例えば.co.jp / .ne.jpなどがあります。
.co.jpは日本国内で登記している法人しか取得できません。
また、.ne.jpは通信事業などを行っている法人のみ取得できます。
一般・個人の方は、.jp / .com / .netなどたくさんの種類が取得する事ができます。
(法人でも取得可能です。)
2.取得したいドメインが空いているかを調べます
取得したいドメインが決まったら、すでに使用されていないか調べる必要があります。
調べる方法は、このホームページでも提供しているドメイン検索ツールなどを使って調べます。
ドメイン検索して「取得可能」や「No Match」などが出れば取得出来ます。
(希に取得できない場合もあります。)
ドメインは早い物勝ちです。
ただし、ドメイン名(無関係な他社の企業名で取得した場合など)によってはドメイン名で問題になったり裁判になったりすることも希にあります。
3.取得可能であればドメインを申し込みます
レジストラーとは、代行でドメインを取得してくれる業者だと思ってください。
そこで再度、ドメインが取得できるかを調べ、ドメイン取得の手続きを申請します。
レジストラーによって、ドメインの値段が違います。
1ドメイン数百円から数万円で1年間できます。もちろん延長も可能です。
レジストラーは慎重に選びましょう。
ドメイン検索がおすすめするレジストラーは、バリュードメインが安く取得できのでオススメです。
値段でドメインの質が変わる訳ではありませんので、安い方がいいですよね。
破格の値段でドメインが取得できます。

リンク:バリュードメイン
4.ドメインを運用するレンタルサーバーを決めて申し込みます
レジストラーはドメインを取得してくれる所です。
ドメインを取得したらどのレンタルサーバーで、ホームページを運営するかを決める必要があります。
レンタルサーバーは、ドメインを取得より、慎重にお選びください。サービス内容や値段がピンキリです。
バリュードメインでは、レンタルサーバー業務も行っておりますので、相談してみてください。
5.ホームページを作成し、取得したドメインでアクセスできるか確認
ドメインとレンタルサーバーを確保したら、細かい設定が必要な場合は、レンタルサーバー業者に確認して下さい。
すべての設定が完了したら、ホームページなどをアップロードして取得したドメインでアクセス出来るか確認して完了です。